どんなことにも好奇心を持って

どんなことにも好奇心を持つといままで見えなかった発見があります。

カテゴリー: 健康 (2ページ / 2ページ)

知らず知らずのうちに汗くさい事が原因でいやがられる

汗の悩みというものは、ジメジメ感だけではなく、ニオイに関する事もあります。殊に男の方の汗臭は、暑い季節に臭うものです。部活で動いた後の高校生の部室などによくある、汗くさいニオイって不愉快になります。

数日後の汗の臭いは、分泌物の発酵の臭いも含み、非常にニオイます。臭いって周囲の人に迷惑をかけ、避けられる原因になります。しかし汗の臭いというものには個々に差があり、自分では気づきにくいものです。知らず知らずのうちに汗くさい事が原因でいやがられるというのもよくある悩みではないでしょうか。

だから、汗の悩みを考える上で、臭い対策をどうするかということは必要不可欠な問題になってきます。制汗スプレー、アイスタオルまど、様々な商品が販売されています。だけど、自身に合ったアイテムで対応しないと効き目がないことだってあります。

自分の事だけを考えた対策では、汗の悩みも臭いの悩みも解決できないのではないでしょうか。友だちにも話を聞いたりして、汗対策をする事をお勧めします。

 

汗をよくかくわたくしは夏が終わると安堵します。けれどもホッとするのも秋限定で、冬になっても再び汗で悩む事になるのです。カフェやショッピングモールなどの店舗に入ると、じわ~っと汗をかくのです。屋外で冷やされていたカラダがエアコンが効いている暖かい室内に入ることで汗をかき、それがなかなか止まらない!

メイク崩れは当然足が蒸れてくるのも分かるし、みんな平気な顔して歩いているけど私の場合はミニタオルで汗を拭きながらで恥ずかしい想いをしています。「早く治まってよ!」と願っても治まらず気をもむほどに汗をかくという負のスパイラルに近頃は諦めモードです。

どうにかできるなら顔に汗をかかないようになってほしいですけど、体質なのでしょうがないのかなと落ち込んでいます。だけどそういう体質なんだと思っていたけど、出産してからますます汗をよくかくようになった気がしているのです。その前までは汗をかいたとしてもあっという間に治まってた気がします。

「寒くても厚着するのは避ける、汗のニオイが出ないように衛生的にする、汗臭を気にして香料を大量に使い過ぎない」以上は私が常に行っていることです。もう少ししたら冬が来ますが頑張って汗と戦います。

 

最近夏らしくなってきて、私の寝起きは物凄い汗をかいているのです。クーラーも動かすのですけど睡眠中ずっとつけていた場合風邪をひきそうなので、2時間経ったら切れるようにしています。朝起きるころには部屋の温度は高い状態ですので寝起きは大変汗をかいています。

それだけであれば身体を洗えば済むことなのでお安い事なのですけど、いつも汗だくなので知らないうちに布団の臭いが凄い事になっていました。布団のカバーと枕カバーは洗濯機で洗えるため問題ないのですが、掛け布団のほうは簡単に洗濯できないのでどうしたらいいのか悩んでいるのです。

洗濯しようと思えば出来ますが、お風呂に水を張ってそこで手で洗う以外ないため厄介なのです。それをしょっちゅうやっていたら布団の質も悪くなってしまいそうですし、それ以外にやり方ってないのでしょうか?汗をかかないのであれば問題ないわけなんですけどそれは自分にはどうする事もできません。なんとかする方法を探しています。

野菜が主役の食卓

子どもの頃はずっと野菜嫌いでしたが、自分で料理をするようになってから野菜が大好きになりました。

肉と比べても種類が豊富で、食感もいろいろある野菜は、料理にいろんなバリエーションを加えてくれますよね。夏野菜、冬野菜と季節感も出せて、色とりどりで、目でも楽しませてくれます。

 

最近は野菜の皮や葉など捨ててしまいそうな部分も料理に使って、なるべく全部食べきるようにしています。大根、ニンジン、カブの皮なんかは使いやすいですね。

かぼちゃの種も炒っておつまみにして食べたり、工夫次第でいろいろ使えるものです。おかずが一品増えて、生ごみは減って、一石二鳥です。

それに、普段捨ててしまうような部分の方が栄養価が高かったりもしますしね。

 

炒め物や煮物をするときは、肉の量を少し減らして、野菜を多くします。お肉はうまみを出すわき役で、野菜の方が主役という感じです。

葉物野菜やキノコ類は加熱するとカサが減るので野菜をたくさん食べられるし、ダイエット中の夫には適しているようです。

野菜たっぷり栄養たっぷりの献立を考えるのが楽しいこの頃です。

幼少時にはかなり好き嫌いが激しくて

好みというものは年齢によって変わるもので、たとえばわたしなんかも幼少時にはかなり好き嫌いが激しくて食べられない野菜が非常に多かった。

ネギやピーマンなど、匂いや苦味が強かったり、あるいは食感が悪かったりするのは、駄目。

かなりの偏食で、さぞかし扱いにくい子どもだっただろうなと、今になって思います。

 

成長するにしたがって、以前には食べられない野菜なども平気で食べられるようになってきたわけだが、これは一説によると年を取ると人間の味蕾は徐々に鈍感になっていって、つまりは若い頃ほど味がわからなくなってくるからではないかと疑っている。

味がぼやけるわけですね。

老いていくに従って、実際の味よりも過去に食べたときの記憶の方を味わっているなんて説もあるようです。

 

だいたいの野菜は克服したつもりですが、実は今でも苦手というか、正直、できれば食べたくない野菜というのがありまして、まあ実際にはそうはいっても社会生活を営む上では食べずに済ますことも恰好が悪く、人とあっているときの食事にそういう野菜が出されたら、えいやと味わう前に飲み込むことにしております。

 

正直にいわせてもらえば、これほど多種多様な食材が巷にあふれている昨今、ひとつやふたつ嫌いな野菜があったとしても栄養的には困らないし、仮に困ったとしても偏食が原因で寿命が短くなったとしたら、それはそれで本人の自己責任ではないかと思うのですが、現実にはなかなかそうばかりもいっていられません。

2 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén