どんなことにも好奇心を持って

どんなことにも好奇心を持つといままで見えなかった発見があります。

カテゴリー: 日記 (2ページ / 2ページ)

モテる男性も一朝一夕にしてモテるようになったわけではない

私の知り合いの男性に、よくモテる人がいます。しかし、こんな事を言っては失礼だと思いますが、彼はハンサムな訳でもなく、高学歴高収入という訳でもありません。背もどちらかというと男性にしては低い方だと思います。

それなのに、私の知る限り彼女がいない時期がないのです。いつでも誰かと付き合っています。
遊んでいる訳ではありません。浮気もするタイプではありませんから、一度に複数の彼女がいる、という訳ではありません。正直不思議に思います。

 

彼と話すと、話し方が優しい事に気がつきます。おだてたり、機嫌を取ったりする訳ではなく、言葉を選んで、女性を傷つけないように、気を配ってくれているのです。また、それが然り気無く出来る人です。

女性をたてる、と言いますか、女性の考えも尊重する、一人の人間として意見を聞き、必要ならば取り入れる。
それが、無理なく出来てしまうんです。田舎に行けば行くほど、それが出来ない男性が目立ちます。

 

ためらう事なく、さっと行動に移せる男性は魅力的だと思います。この前、子供と近所のショッピングセンターに買い物に行った時、帰りに雨が降っていました。
傘を持ってなかったので、自宅まで近いので走るしかないなと思い、濡れる覚悟で走り出しました。そしたら、ショッピングセンターへ入ろうと歩いていた30歳前後のサラリーマンの方が、さしていた傘を差し出してくれました。

「よかったらどうぞ、僕ら車なので」と言われ、突然の親切にビックリして躊躇うと、さらに「どうぞ」と言って手に持たせる感じで差し出してくれました。「すみません、ありがとうございます」と受け取ると、何事もなかったかのように、お店に入って行きました。

私達が走り出してすぐの事だったので、その姿を見てさっと行動に移してくれた事に感動しました。差し出し方も有無を言わせない感じで、受け取るようにしてくださり、迷いなくこんな行動が取れる男性は素敵だなと思いました。息子にもこんな行動ができる男性になってほしいなと思いました。

 

モテる男性の具体的な特徴について考えてみました。まず一番は、女性が気軽に話しかけられる雰囲気を持っていることではないかと思います。それには、いわゆる「イケメン」である必要はありません。

顔が良いことはもちろんプラスにはなりますが、絶対条件ではありません。それよりも雰囲気の方が大切なのです。見た目で大切なのは、清潔感や小奇麗さの方なのです。
例えばヨレヨレの服を着ているなどは論外。そしてその人が感じさせる気軽に話しかけられる雰囲気。女性は基本的におしゃべりが好きです。そして話を聞いてもらいたいという方が多いです。そのため、聞き上手でありながら適度におしゃべりな男性ということになります。

 

コミュニケーションスキルが高いとも言えます。ではどうすればそうなれるのか?見た目に関しては自分で洋服など身なりを気を付けることで改善できるでしょう。肝心のコミュニケーションの方は、もう慣れるしかありません。

例えば女性の多いコミュニティに入っていき、自然と接する機会を増やします。そうなると、何となく自然と振る舞いが身に付いてくるでしょう。モテる男性も一朝一夕にしてモテるようになったわけではないのですね。

おすすめ⇒メンズTBC 予約

 

あたしは、男性でもないのにムダ毛がボーボーです。両脇は無論のこと、肘下、膝下、おヒゲまでも…。男の方の生えっぱなしの両脇が目に留まると、ともすると自分がケアをしなかったら男子よりもモジャモジャの「脇毛」が生えるんじゃないかと心配になるほどです。

ちょっと無駄毛の処理をやらないと、人前に手を出したりした日には指毛がふさふさ。パンティストッキングを履いた際にはむだ毛が押し合いへし合いしながら見えちゃう感じです。
デリケートゾーンの無駄毛もたくさん生えているので、大浴場ではツラいし、プールの時にははみ出る毛をチェックしないとまずいのです。

 

全パーツが薄くないので脱毛の処理をやりたいのはやまやまなのだけど、今は自宅で電動かみそりでケアしてます。それまでは女性用剃刀だったんでそれよりかはましです。
でも高頻度なことや大変さを考慮すると脱毛施術した方が楽になるのでしょうが、むだ毛だけじゃなくてワキ汗も凄まじいのです。

昔ホームページにわき脱毛を行ったらワキ汗がひどくなったというレビューが沢山あるのを目にしてしまい躊躇しています。何かしら手っ取り早くムダ毛のお手入れをする策が存在するならやりたいです。

 

冬になるにつれて、袖の長い服が着られるようになるのでウデの毛を気にしなくてもよくなります。わたくしは入浴したときに剃る事が多いので、時間をかけすぎて家族にとっては迷惑だし体が冷えてしまいます。処理をしなくても良いってなると手間が省けます。

ですが、手とか指の無駄毛は表に出てしまうので、フェイス用の剃刀を使ってしょりしょり剃ってます。お肌も乾燥で弱くなっているので保湿しないといけないし、そうなると脱毛を受けたいななんて考えます。

 

無駄毛って抜いた場合なくなるんでしたっけ?うでの毛を使って試しましたが、変化はなかったです。ワキに関してもしばらく処理しないとチクチクしてくるんですよね。見えないとしてもチクチクが気になりワキの箇所は剃っちゃいます。

ちょっと剃刀がすべっちゃってみみずばれになっちゃうとお湯も石鹸もしみますし、そんな事になるくらいなら脱毛しようかななんて思います。脱毛クリームで処理してみたいとも思います。
だけど、剃るとメイクノリが良くなる顔の産毛の処理は意外と楽しいです。あんまり手間だと感じません。

理想の休日はカフェテラスでランチです

私の理想の休日は、晴れた暖かい日におしゃれなカフェのテラス席で家族揃ってランチをすることです。

 

まずその日の朝は7時過ぎに起床します。いつも早起きの生後9か月の娘に朝6時には起こされてしまうのですが、理想の休日の時はゆっくりと朝寝坊します。

そして朝食を取り、洗濯や軽く掃除を済ませ、家族3人でお出かけします。

 

行き先はまず自由が丘です。遊歩道をベビーカーを押しながら散策します。

途中で無印良品やGAPなどのお店に入り、ベビー服をチェックします。

 

そして、遊歩道沿いのおしゃれなカフェでランチです。テラス席にベビーカーを横付けし、娘には離乳食を食べさせます。

私はパンケーキのプレートを、主人はハンバーグのランチを注文し、道行く家族連れを見ながらゆっくりと味わいます。

穏やかな日差しに包まれて、食後のハーブティーを優雅に楽しみます。

 

その後は、大井町線ですぐの二子玉川へ向かいます。

ここでもライズや高島屋でベビー服を見て回り、最後に高島屋のデパ地下で夕飯用のお惣菜を買って帰ります。

ラストに御座候の大判焼きも買うことも忘れません。

 

ゆっくりとお外のランチを楽しみ、買い物もでき、理想の休日となりました。

2 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén