どんなことにも好奇心を持って

どんなことにも好奇心を持つといままで見えなかった発見があります。

月別: 5月 2017

野菜が主役の食卓

子どもの頃はずっと野菜嫌いでしたが、自分で料理をするようになってから野菜が大好きになりました。

肉と比べても種類が豊富で、食感もいろいろある野菜は、料理にいろんなバリエーションを加えてくれますよね。夏野菜、冬野菜と季節感も出せて、色とりどりで、目でも楽しませてくれます。

 

最近は野菜の皮や葉など捨ててしまいそうな部分も料理に使って、なるべく全部食べきるようにしています。大根、ニンジン、カブの皮なんかは使いやすいですね。

かぼちゃの種も炒っておつまみにして食べたり、工夫次第でいろいろ使えるものです。おかずが一品増えて、生ごみは減って、一石二鳥です。

それに、普段捨ててしまうような部分の方が栄養価が高かったりもしますしね。

 

炒め物や煮物をするときは、肉の量を少し減らして、野菜を多くします。お肉はうまみを出すわき役で、野菜の方が主役という感じです。

葉物野菜やキノコ類は加熱するとカサが減るので野菜をたくさん食べられるし、ダイエット中の夫には適しているようです。

野菜たっぷり栄養たっぷりの献立を考えるのが楽しいこの頃です。

理想の休日はカフェテラスでランチです

私の理想の休日は、晴れた暖かい日におしゃれなカフェのテラス席で家族揃ってランチをすることです。

 

まずその日の朝は7時過ぎに起床します。いつも早起きの生後9か月の娘に朝6時には起こされてしまうのですが、理想の休日の時はゆっくりと朝寝坊します。

そして朝食を取り、洗濯や軽く掃除を済ませ、家族3人でお出かけします。

 

行き先はまず自由が丘です。遊歩道をベビーカーを押しながら散策します。

途中で無印良品やGAPなどのお店に入り、ベビー服をチェックします。

 

そして、遊歩道沿いのおしゃれなカフェでランチです。テラス席にベビーカーを横付けし、娘には離乳食を食べさせます。

私はパンケーキのプレートを、主人はハンバーグのランチを注文し、道行く家族連れを見ながらゆっくりと味わいます。

穏やかな日差しに包まれて、食後のハーブティーを優雅に楽しみます。

 

その後は、大井町線ですぐの二子玉川へ向かいます。

ここでもライズや高島屋でベビー服を見て回り、最後に高島屋のデパ地下で夕飯用のお惣菜を買って帰ります。

ラストに御座候の大判焼きも買うことも忘れません。

 

ゆっくりとお外のランチを楽しみ、買い物もでき、理想の休日となりました。

身体を冷やさないこと

身体を冷やさないことを意識していますよ。冬は当たり前ですが春も身体を冷やさないことをすごく意識しています。春は三寒四温といって冬のような気温になったり春のような陽気になったり行きつ戻りつする季節。天気も安定しないし気温も安定しません。

 

春は薄着をしたり外出が多くなったり油断しがちです。そういうことの積み重ねで身体が冷えるので春こそ身体を温めるように気をつけています。私は春になっても衣替えはしませんよ~。春物衣類を見やすい場所に出しておくだけで冬物はしまいません。

 

湯たんぽも朝晩は特に気温が下がるので必要です。肩用の湯たんぽは身体を素早く温められるので重宝します。肩と首回りを温めると身体の中からほかほかしてきますよ。体温が下がっていると感じたときはすぐに湯たんぽを使って身体を温めています。

 

体温を上げることで病気にもなりにくいですよね。良いことがたくさんあるので身体を冷やさないように気をつけていますよ。

幼少時にはかなり好き嫌いが激しくて

好みというものは年齢によって変わるもので、たとえばわたしなんかも幼少時にはかなり好き嫌いが激しくて食べられない野菜が非常に多かった。

ネギやピーマンなど、匂いや苦味が強かったり、あるいは食感が悪かったりするのは、駄目。

かなりの偏食で、さぞかし扱いにくい子どもだっただろうなと、今になって思います。

 

成長するにしたがって、以前には食べられない野菜なども平気で食べられるようになってきたわけだが、これは一説によると年を取ると人間の味蕾は徐々に鈍感になっていって、つまりは若い頃ほど味がわからなくなってくるからではないかと疑っている。

味がぼやけるわけですね。

老いていくに従って、実際の味よりも過去に食べたときの記憶の方を味わっているなんて説もあるようです。

 

だいたいの野菜は克服したつもりですが、実は今でも苦手というか、正直、できれば食べたくない野菜というのがありまして、まあ実際にはそうはいっても社会生活を営む上では食べずに済ますことも恰好が悪く、人とあっているときの食事にそういう野菜が出されたら、えいやと味わう前に飲み込むことにしております。

 

正直にいわせてもらえば、これほど多種多様な食材が巷にあふれている昨今、ひとつやふたつ嫌いな野菜があったとしても栄養的には困らないし、仮に困ったとしても偏食が原因で寿命が短くなったとしたら、それはそれで本人の自己責任ではないかと思うのですが、現実にはなかなかそうばかりもいっていられません。

肌を乾燥させないための洗顔法

肌の乾燥が、シワなどの原因になるので、極力、肌を乾燥させないように気をつけています。

 

化粧水や乳液などの保湿ケアはもちろんですが、肌を乾燥させないためには、正しい洗顔法を行うようにしています。

洗顔の際にはぬるま湯を使うようにしています。

 

熱いお湯を使うと皮脂がしっかり取れてサッパリした感じになりますが、必要な皮脂まで取り過ぎてしまうため、肌が乾燥しやすくなるのだそうです。

ですので、必ずぬるま湯を使うようにしています。

 

また、洗顔に使用する際の洗顔剤も、固形石鹸を使うようにしています。

チューブに入ったクリーム状のものなどには、どうしても化学成分を多く使用して作られることが多いようです。

 

ですが、固形石鹸に含まれている成分はシンプルなものが多く、肌にもやさしいのだそうです。

洗顔の際には、その固形石鹸をしっかりと泡立てて、肌をこすらないように泡で顔を洗うようにしています。

 

タオルドライの際も、決してこすらず、タオルを押し当てるように水分を取り除いています。その後は、なるべく早く保湿ケアしています。
クリアエステヴェール 通販
参考URL:https://www.inthakitchen.com/

 

乾燥が気になる季節になってくると顔だけではなく手足や頭皮まで乾燥肌になってしまい相当悩んでしまうことになります。

顔や手は自分に相性の良いクリームや美容液でお手入れをすると改善することが比較的簡単にできますが頭皮となるとなかなかそうもいきません。

 

お風呂上りの洗髪後の頭皮にべったりクリームをぬってしまうと数日お風呂に入っていない洗髪をしていない人のような感じになってしまうのでそれは避けたいのでなかなかクリームでのケアはできません。なかなかやっかいな問題となってしまうのです。

 

そこで最近はずっとただただ悩んでいても仕方がないので入浴後の頭皮にオイルでマッサージをすることを始めたのです。

すると思いのほか頭皮がしっとりとしてカサカサ状態は緩和されていたりするのでもしかしたらこれもよいのかな~という思いで過ごせているのです。

 

ひどい肌荒れが続いてお肌のトラブルを抱える前にいろいろな自分にあうケア方法を見つけてやはり継続することは大事なのかもしれません!

肌が乾燥する季節と言えば「冬」を想像します。

空気は乾燥するわ寒いわで、お肌にはずいぶん負担がかかっている事でしょう。

 

でも私の肌が一番乾燥する季節と言えば「春」です。

お風呂で洗顔した後は、冬よりも肌がピリピリします。

化粧水やクリームなどケアしてみるんですけど、保湿するための化粧水もピリピリと肌に浸みて痛いのです。

 

乾燥する原因は分かっています。それは花粉症です。

鼻水が流れ出て来るからティッシュでふいたり、鼻や目のかゆみが我慢できずに擦る。

そうすると鼻や目の周りの、顔の中でもデリケートな部分が荒れて乾燥してしまいます。

 

私の乾燥肌のケア、もはや通常の化粧水などではダメなのかも。

「薬用」って書かれている化粧品、いっそ手荒れ用のべたつかないタイプのハンドクリームとか、そういうのを顔に塗った方が改善されるような気もします。

 

などと考える前に、まずは耳鼻科で診察を受けるべきですね。

根本の原因を改善するのが一番ですから。

でも病院苦手なので行きたくないのが正直な気持ちです。

 

私は乾燥肌体質、特に寒い冬場の季節は毎日泣きそうになる程肌が乾燥で荒れてしまいとても悩んでいます。

以前皮膚科で診断してもらったら、肌の油分が少なくて保湿力が人と比べてかなり弱いという診断をされたことがあります。

 

そしてこの乾燥肌、このまま何も対策をせずにいると肌の老化の進行が早まるとまで言われました。

 

そこで対策として皮膚科から処方された塗り薬と、保湿力を高めることができる市販のクリームを特に冬場は欠かさず毎日使用しています。

肌の対策を行うようになってから様々な乾燥肌対策を調べ実行するようにしました。

 

例えば、お風呂の入り方、以前は冬場でも簡単にシャワーだけで済ましていましたが、乾燥肌にはあまり良くないということがわかり、今ではしっかり湯船にお湯を張り時間をかけて入浴することにしています。

 

こんなちょっとしたことの積み重ねのおかげで今シーズンの冬はいつもに比べてやや乾燥肌で悩むことが少なくなったと思います。

これからも小さなことから継続して乾燥肌対策を行っていきたいと思います。

スキンケアで差を感じるようになるのは30代後半から

私は10代の頃から思春期ニキビが出て、それがそのまま20代で大人ニキビになってしまい、30歳頃まで酷いニキビが続きました。

 

その為、スキンケアにはとても気を付けてきました。

洋服などは、セール品などで節約するようにしていますが、化粧品だけは、金額では選ばず、自分で合ったもの、そして肌の状態を良くするものを選んできました。

 

ユニクロのセール品の服を着ていても、1万円する美容液を使っています。

 

高いから良いというわけではなく、自分の肌に合ったものを選んだ結果、化粧品類にはそれなりのお金がかかるようになったという感じです。

化粧品でも、節約できる部分はしていますが、どうしても外せないものは、結婚後も使い続けています。

 

20代の時はニキビでボロボロだった私の肌ですが、スキンケアをずっと続けてきた結果が、今になってわかるようになりました。

20代の頃は肌がツヤツヤプルプルで、そのため特にスキンケアを気にしていなかった友達より、30代後半になった今、私の肌状態の方が良いのです。

 

若い頃は、その若さゆえ、特に手入れを気にしなくても肌状態は良い人が多いですが、年齢を重ねるごとに、スキンケアで肌の差が出てきます。

それがわかりやすくなる年齢が、30代後半だと思うのです。

 

私は若いころから肌の状態が良くなかったため、ずっとスキンケアを心がけてきました。

その努力は、無駄じゃなかったんだなぁと、最近になって実感しています。

 

スキンケアのこだわり

美容のために気をつけていることはスキンケアです。

 

クレンジングはこすらず撫でるように。

洗顔はたっぷりの泡で包み込むように。

洗い流す時の水の温度は「少し冷たいかな」と感じる程度にしています。

熱いと感じるお湯で洗うと、肌のツッパリや乾燥の原因になるので絶対にしません!

 

化粧水、乳液はケチケチしません。

手で直接なじませ、肌の奥まで浸透するようにやさしくハンドプレスします。

 

美容液は2種類を使い分けています。

乾燥が気になる時は保湿成分のものを。

紫外線が気になる時は美白成分のものをそれぞれ使っています。

化粧水と乳液は惜しまずたくさん使いたいので、プチプラのものを使うこともありますが

美容液は奮発して、お高めのものを使っています。(オススメはオバジのビタミンC美容液です!)

 

クリームは目じりやほうれい線が気になるところに重ね付け。

エアコンの効いた部屋に一日中いた日など、乾燥が気になる時だけ顔全体につけます。

週に2回はシートマスクでスペシャルケアをします。

 

肌の調子が良ければ化粧ノリも良く、朝から気分良く過ごせます。

美容のため、そして自分のためのスキンケア。

鏡に映った自分に見とれてしまうような肌を目指します。

何もしなくていいのが素敵

日頃仕事をしているので、休みの日にはゆっくりしたいと言うのが一番の理想です。

そして、たまには1泊でもいいので温泉に行って、おいしい料理を食べたいです。

料理を作らなくても美味しい食べ物が出てきて、今夜は何を食べようかなって考えなくてもいいですし。

何よりも良いのは食べ終わっても座ってて良いんですよ。

茶碗洗いしなくて良いんですよ。

部屋でもゴロゴロしててもいいし。

温泉に何回も入れるしで、最高ですよね。

もっとまとまった休日が取れたら、少し遠く、海外にも行きたいです。

せっかくパスポートあるのに、全然使ってないのはもったいないなとも思います。

国内でも海外でも、旅行はゆったりとしたペースで過ごしたいです。

ツアーで行くと、時間で皆一緒に行動しなければならないのは、私には合いません。

だから、現地でオプションとして申し込む感じになりますね。

基本的には、休みの日はとにかく、のんびりそしてゆったり自由に、というのが理想なんです。

 

田舎に住んでる私の趣味

皆さんは夢中になれる趣味があるでしょうか。

趣味があると週末が楽しみになりますよね。

そこで田舎に住んでいる既婚者の趣味ということで紹介してみたいと思います。

 

1.釣り

はい出ました、田舎特有の第1位。

私の住んでるところには海、川、沼など魚が釣れるところがたくさんあります。

個人的に特に面白いのはブラックバス釣りですかね。

餌をただ投げて待つのではなく、ルアー(疑似餌)というもので魚に餌だと思わせて釣る釣り方です。

ゲーム性が高く、季節を選べば初心者でも数を釣ることができる為、老若男女楽しめるかと思います。

 

2.中古屋巡り

田舎なもので週末は家族で出かけるところがあまりありません。

近くにショッピングモールはありますが、毎回となると飽きる…。

そんな時は中古屋で楽しみます。

最近は中古屋が数多くあり、洋服や楽器、釣り具にゲームと様々な中古品が売られています。

お目当の物が安くお得に手に入るかもしれないドキドキ感と中古屋ならではの商品サイクルで見ているだけでも楽しいですね。

この2つが田舎に住んでいる私の趣味となります。

今後も1人で楽しめて夢中になれる趣味を見つけていきたいと思います。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén