どんなことにも好奇心を持つといままで見えなかった発見があります。

月: 2018年8月

嫌いな体臭に順位を付けてみたら

あたしの大嫌いな「体臭」に順位をつけてみました。

先ず3位は生乾きの洗濯物の匂いです。

兎にも角にも嫌いでどうしてこんなに強烈なのか気になって仕方ありません。

部屋干し臭がしたらすぐさま再び晴天の日に洗濯用柔軟剤の量を増やして洗浄します。

とは言え、6月くらいになると雨の日が多く部屋干しになってしまがちになるのが問題です。

この頃は生乾き臭を防止する衣類用洗剤などがたくさん開発されているので、こういった商品を検討していきたいと思っています。

第二位は、「わきが臭」。

よくある事ですがやはりワキガの人本人は分かっていないのが本当に困ります。

友達であればこれを伝えた方がいいのか悩みますね。

これはどうしようもないですが距離をとることがニオイを感じない唯一の方法かもしれません。

ワースト1位は、「汗臭」です。

これはわたしのも気になりますが他人の汗臭も本当に臭く感じます。

暑い季節に出やすいこの悪臭。

しょうがないですがやっぱり自力でやれる対策はたくさんありますので汗が出たらタオルで拭くだとかシャツを交換するなどしてほしいですね。

汗のニオイの上から匂いものをかけてもより一層臭くなるだけですから。

あなたは自身の臭いについて気になったことがありますか?私は恥ずかしながら自分自身の足のニオイが気になってしょうがないです。

最も足の匂いがきになるのが、仕事が終わったあと、みんなで飲みに行って、飲食店の座敷に座る事があったとき、靴を脱ぐ瞬間に足の臭い匂いが、漂ってしまい周囲にばれないかと気になってしまいます。

じゃあ何で足から臭い匂いがするのでしょう。

その原因は多数あります。

同じ靴を長時間履いていいたために熱気がこもってしまう。

通気性の悪い素材が使われている。

靴が自分のサイズに合っていない。

などなどクツに支障がある事もあるのです。

あとはくつした。

タイツなど通気性吸湿性の悪い靴下を履いていた場合や、足に汗をかいた状態でソックスをはく。

汗をかいたのに、同じソックスを履いて替えていないとかです。

クツやソックスのほかにも足が何かしらの病気などの時は、足をきちんと洗浄できていない、湿度や気温が高い時など汗が出るような状態である。

など原因は様々あるみたいです。

なのでそうした足の臭いの対策としては、靴を丁寧に洗う、湿気を取れるようにお天気がいい日にはクツを天日に干す、自身の足に合ったものを用意する。

などなど、自分だけでなく周りの人の気分を害さないように対策していく事が大事だと思います。

ここの所仕事上でいつものようにお目にかかる40代の男性がいるのです。

悪い人ではないのですが、非常に、臭いんです。

しかも、汗や皮脂、ワキガに足のニオイ。

強烈なんです。

だけど毎日臭っているわけではないのです。

きっと、「お風呂でカラダを洗った日」はにおわなくて、そうでない日が続いて臭いが溜まっていると思うのです。

くしゃみが止まらなくなってしまうほどのニオイを放っていますが、直接言うことはできないので、耐え忍んでいます。

綺麗にできていないのなら、臭ってしまうのも仕方ないです。

だけど汚れをおとして欲しいなんて事は言えるはずもなく・・・。

その人は、年齢が上なのです。

でも、そんな男性を見ているうちに、「私にもニオイってあるのだろうか」と心配になったのです。

その男の人は自分自身が匂う事を分かっていないと思います。

もしかしたら、自分も自身で気が付いていないだけで、「周りにニオイで迷惑をかけていたらどうしよう」と思ってしまいます。

におったりしないように気を付けていますが、クサくないことを願っています。

とても気になります。

ひょっとして「体臭」があるためにそばの人が反応するのではないかと思うこともある近ごろのあたし。

それゆえに、着々と快適な匂いとか体のニオイを発さない為にどうすれば良いのか模索中です。

大抵は「香水」を使用すればどうにかなるだろうと推測しています。

(どれがどのくらい効くのかよく分かってないのでまだまだ勉強中です!)

でも経験談として「香水」と「アセ」が掛け合わされ反って酷いニオイになると言われたこともあります。

持続性のある女性らしい匂いで手堅く「臭くない私」を演出し始めました。

キチンとした格好が基本の勤め先なら着る度にクリーニング店に出す事も無理なので脱衣時にソフランなど柔軟剤をふりかけて香りキープするのも悪くなさそうです。

人の「ニオイ」って体臭とは言うけど服とかの臭いも大きく関わっていますよね。

汚くなったら洗浄することが重要です。

出来ない時は衣服にも柔軟剤をふりかけて染み込んだ匂いをリセットする事が肝心です。

これからの季節はアセも出やすくデオドラント剤が必要不可欠です。

更には脇汗パッドとかボディシートなど用意して嫌な臭いを発さない女性になりたいです。

身にまとう「香り」はその人の第一印象にもなるというイメージもある重要なところなので、この先ステキな女性を目指すなら「香り」も気をつけないとですね。

冬のお出かけ時の匂いも無視できない

自分自身の「体臭」が気に掛かる人は多いと思います。

あたしもよく「臭いかな」と思う事があります。

夏場の大汗を掻く時期もですが、冬場のお出かけ時の匂いも無視できません。

寒い時期は汗とは無縁のイメージですが、現実的には結構汗ばむ事があります。

厚着をして外出しデパートなどのあったかい場所に着くと、急に汗を掻いてしまいます。

昨年の冬にあたしは結構そんなことがあって、知らぬ間にボアコートにまで汗のニオイがくっついてしまいました。

上着類はなかなか洗う機会もないので、除菌消臭スプレーなどを試しましたが、どんなものを使っても汗の臭いは消えませんでした。

そういった苦い経験から、今回はアンダーウェアを買い換えてみました。

厚めの上着を着ける時はあまり着込まない。

それから肌着は発熱素材ではなく、コットン素材など、吸湿性のあるものを選ぶようにしました。

現在は発汗があっても、汗が長引かないようになりました。

そのため上着類にも「汗臭」が染み付くようなことはなく、快適に外出できております。

汗臭ケアで皆も冬を快適に過ごしましょう!

毎日のようにスラックスなどを着て出掛けているのですが、いつも1日身に付けていたスラックスなどを入浴時に脱ぐと何かしら臭っていてとにかくそれが不快なニオイなので原因は何だろうと悩んでいます。

ですがその匂いはやっぱり股間のニオイ以外に推測できないので案外お尻の匂いが物凄いのかもと悩んでいます。

これってものすごく恥ずかしい事だし、防臭ケアもどうやればいいのかって感じです。

もしも脇部分ならデオドラントケア用品等も販売されているのでニオイが発生してもケア出来るけれどデリケートな部分だと皆目見当がつきません。

しっかりと体を清潔にしているし、同じ服を続けて履いたりしないのにともかく40代になってから臭いが強くなっているように感じるので弱っています。

年を取ったからかもとも思いますが結構お尻に関しては放っておけないので効果的なアイテムがないか探ってみようと考えています。

真夏などならムレムレになったりしてどうしても股間のニオイが強烈になる事もあるでしょうし、女の子の日だとより一層臭ってしまいがちになるので不潔にならないようにしているのですが、そういったこと以外でにおいが強くなっているので出来るだけ早く何か対処をしないといけないと思っています。

日々の生活のなかで、気になる臭いはありませんか?御手洗いのにおいなどもイヤですが、わたしが嫌いなのは、脇臭や足臭などの体から出る臭いです。

この体臭は体質によって出ている方も居らっしゃるかと思いますし、それでいくと致し方ない事でもあるのですが、頑張れば対処できる事だと思うのです。

デオドラント剤でワキ臭を軽減させたり、お風呂で体を洗う時にきちんと洗うようにするだけでも臭いにくくなると思います。

「体の臭い」はその人自身ではなかなか自覚できないものですが、姉妹でも友人でもおやっと思ったらアドバイスしてあげるのが、愛情ってもんだと私は思いますし、それが近くにいる人のためにもなると信じています。

本人が自分の体の臭いに注意して、自身で対処しないとどうにもならないことですし、脇や汗のニオイはバスなどの車内で発生しているとかなり不快に思います。

多少でも自分の「体臭」に気を配るだけで、自分自身も生活しやすくなると思いますし、体臭防止対策などはやっぱり大事だと思うんです。

現在は制汗スプレーも改良されて、臭いを抑制するだけでなく、快適な香りにチェンジしてくれる商品もあるので、体臭ケアをしたい人は、是非検討してみてはいかがでしょうか?

暑かった夏も終わりましたね。

ようやく汗掻きシーズンに悩みのタネだった汗臭にも一息つける時期がやってきました。

そうは言っても寒さが厳しい場所では室内温度の設定が高いのでやっぱり気になるんですけどね。

そんな汗のニオイ。

私自身でも汗臭を出してるかもと気に掛かりますが、自らの体臭は自覚なしで、人様の体臭は気になるのが人間。

特に40を過ぎたオジサンの加齢臭は何とも言えないですね。

結婚して奥様のいるオジサンは、奥さんの気遣いか衣類柔軟剤のニオイが物凄い人もいます。

そこで問題発生です!汗の臭いと洗濯用柔軟剤の混ざったニオイ!本当に参ります。

ちょっと表現方法が分からないのだけど・・・。

部屋干し臭とも違うし。

けれど「汗臭」だけでもありません。

加齢臭とはまた別の我慢のできなさ。

どっちもキツいんですけどね。

元々汗自体は臭いがしないんですって。

でも、汗を掻いてそのまんま時間が経つと雑菌が増えて臭くなるそうです。

なのでホントは放置せずに着替えるのが正解なんですが、そうも言ってられないのが会社勤めの辛いところ。

そのかわり出た汗はしっかり取り除きましょう。

とにかく、香りの柔軟剤なんかを使っている人がいらしたら匂いすぎる物はやめて、やさしい香りの物で仕上げてもらえると周囲は不快に思わずにすみます。

ともあれあまり汗を掻かない時期に入りましたが、このメッセージを皆さんに届けたいのです。

柔軟剤には気を付けましょう。

男性が好きな匂いは

この前、久しぶりに学生時代の友人同士で集まって飲み会があったのですが、その時に話題になったのが、「シャンプーとか石鹸の匂いが好き」という男友達の話。
「街ですれ違った時に香水の匂いがふわっとして昔の彼女を思い出した」とかはたまに聞くのですが、シャンプーとかでもあるみたいですね。
なんかお風呂上りの感じがして、それがいいんだとか…。
話を聞いていて面白いな~と思ってしまいました。

 

昔何かの雑誌にものっていたような気がしますが、匂いって結構記憶に残りやすいみたいですね。
五感の中で嗅覚だけは確か脳に直接伝達されるとか。
確かに男性じゃなくても女性でも昔の彼が使っていた香水とかの匂いをかいだら思い出してしまうかもしれないですね。
男性の場合は特に香水をつける人が少ないというのもありますし。

 

なので、逆に考えると「悪い匂い」というイメージが残ってしまうと、その先もずっと悪い記憶が残ってしまうので怖いですね。
いい印象だけが残れば都合がいいですが、そんなわけにはいかないと思うので、やっぱり女性なら香りにも気を付けたいところですね。

 

恋と言うのは、相手のことをもっと知りたいと言う気持ちから生まれます。

 

相手に興味があるけれど、未知な部分があると言う場合にとても好奇心が生まれるのです。
そして知りたいと思い、その人の情報を仕入れたり見つめたりしてしまいます。
それが恋です。

 

その為、恋愛を長続きさせるには、お互いに知り尽くさないほうがいいのです。
最初から全てをさらけ出してしまっては、飽きてしまうのも早いのです。
飽きないために、知りたいという気持ちを持ち続けることが大切です。

 

つまり、会いすぎることが逆に良くないでしょう。
ほどほどの距離感で、少しだけじらしてあげると、相手はあなたのことを知りたくて夢中になります。
あなた自身も、相手の全てが見えない状態が続くと、気になって仕方なくなるでしょう。

 

そうしてお互いに少しずつ知り合っていくことで、時間をかけて恋愛を続けていくことが出来るのです。

 

そんなに待てないという場合もあるかもしれません。
その為にすぐに深い関係になり、半同棲などという状態になると、もしかすると軽いと思われて簡単に他のところへ行ってしまうかもしれないです。

 

恋愛を長続きさせるためには、お互い自分の時間をしっかり持つことだと思います。
相手を好きになると、どうしても常に一緒にいたいと思いがちです。
休日は必ずデート、少しの時間も空いたらデート、どこへ行くにも2人一緒ということが当たり前と思うかもしれません。

 

ですが、それは、相手を束縛することになるため、相手によっては息苦しいと思うわれてしまうこともあります。
そのため、束縛することで重い存在と思われてしまい、相手の気持ちがどんどん離れていってしまいます。

 

そうならないためにも、少し気持ちに余裕を持って、相手の気持ちを考えて付き合うことが大切となります。

 

例えば、男友達だけで遊びたい時もあるでしょうし、趣味を一人で満喫したいと思う男性もいるでしょう。
そういった時には、女性側も何か自分だけの時間を有効活用できるものを見つけて、お互いそれぞれの時間を持つことが大切です。
ゆったりとした気持ちで付き合うことで、恋愛が長続きするのではないかなと思います。

 

私はネットで占い師をやっていますが、女性の恋愛の相談が凄く多いです。
それは相手の男性が自分の思いどおりに動いてくれないとか、ラインの返事がないとかメールの返事がないので、相手の気もちが知りたいというようなものがほとんどです。

 

このような占いを受けたときに、いつも思うことなのですが女性は男性のことを尊重してあげていないなということです。
結局は自分のほうに向いて欲しいという願望が強かったり、束縛してしまうような恋は長続きしないような気がします。

 

だからと言って、そのままの答えをすることもありません。
恋愛はお互いが気持ちよく長く続けるには、相手のことを尊重するのが1番だと思っています。

 

相手の仕事のことや、家族のことまでも口を出してしまうとその恋愛はもう先がないかもしれません。
人それぞれ価値観も違いますので、お互いに思いやりを持って尊重できれば恋愛は長続きすると思うんです。
そこを忘れて感情的になる女性が多いです。

汗拭き用の手ぬぐいを常に持ち歩かないといけない

私は汗っかきで困っているのです。

けっこう悩み事があるのですけど、一個目はすごく汗が出てくるため、前髪を垂らした下げ前髪をしたとしても額に汗をかく為ヘアスタイルが崩れるのでそれをしょっちゅう気にしてポンパドールのようなヘアースタイルしかできない事が悩み事です。

二つ目に、身体に発汗した時服の汗染みが目立ってしまうことです。

紺色や黒色の服を着ていた場合汗染みが白く浮き出てくるのです。

また、グレー色だと汗が付いた所の色が濃くなってしまうためこれらの色の服を着る事ができません。

そして洋服においては暑い時期は発汗量が多くなるためニオイの方も気になり会社に着替えを持っていき服を着替えるようにしているのです。

寒い季節は何枚か重ね着すると顔面に汗をかいたりするのでとっても恥ずかしいのです。

このように非常に汗かきなため、汗拭き用の手ぬぐいを常に持ち歩かないといけないのも悩みです。

自分は前から臆病者なんですけど、さらに、緊張した場合汗が止まらなくなる性分なのです。

このせいでこれまでさんざん恥をかいてきたのです。

例を挙げると、入学式が終わってクラスが分けられた後自己紹介があります。

その際に臆病者なので汗が噴き出し、自分の番に回ってきた頃には髪や額が汗でぐっしょりしてしまったのです。

そんな姿を見た、クラスの男子に笑いものにされ大変恥ずかしかったことがあります。

いまだにその時の記憶がよみがえるのです。

私としては汗をかかないように普段通りでいようと思っているのですけど、やはり難しいのです。

その他にも、汗を吸い取ってくれる服も着ていますが、夏は暑いのでとても着ていることが出来ません。

現状では何をやっても効果が表れないので、生まれ持った体質と諦めて、暮らしています。

周囲からもの珍しげに見られても、次に会う事はないだろうと軽く考えるようにしています。

自分自身は過去より代謝が良く汗っかきなので、らーめんの他にも普通にファミレスメニューを口にしてもオデコから汗が流れだします。

誰かと食事をしに行くと必ず汗を指摘されてしまうのでとても恥ずかしかったりしましたが、アラフォーになった今でも代謝が落ちていないのかまだ悩んでいるのです。

私の汗かきは季節関係なくあるので、寒い時でも通勤等で十分も歩けば顔から汗が噴き出すので、折角時間をかけてメイクアップしてもちょっと歩くと汗で崩れてしまうので困っているのです。

ウォータープルーフの物では追いつかないのでまめに汗を拭き、極力体を動かさないように移動するときは自動車にしたりと不健康なことをしてしまうのです。

中でも1番自分が気にしてる汗の掻き方は緊張すると出てくる汗になります。

緊張すると出る汗というのは大体脇から出てくるので極力汗が目立つ灰色や中間色の洋服をチョイスしないようにしているし、緊張感を持たないようにリラックス方法を探してますが、見つけようとすればするほど発汗するのです。

汗が出ると見た目に分かるので汚いと思われたらどうしようと思ったり、他人の目を気にしてしまうのです。

「今後も多汗症と関わり合っていかないとダメなんだろうな」って思うと気が重くなってきますが、自分なりに良い方法を調べたりして実行したいと思っています。

旦那は年上で37歳になります。

私たちの出会いはおおよそ8年くらい前です。

昔はほとんど無かったのですが、ここのところ仕事から帰ってきた旦那の脇が何となくにおうのです。

夕飯を食べテレビを観ている夫の近くにいくと、プーンと、ミンチ天のようなにおいがするんです。

ミンチ天は九州地方の人しかさっぱりわからないでしょうが、刻んだ野菜とすり身をコロッケのように揚げた物。

「えっ?加齢臭?!ま、もうすぐ40代だしね、仕方ないよね・・・」と半ば諦めています。

その他はあまり臭いがしない、ていうかほぼ臭いがしません。

それが、わきの臭いが、臭いだけにおさまらず肌着にまで広がってしまったのです。

所謂、ワキ汗のしみです。

毎日洗濯をするのに脇のところが黄色い!これは衝撃的でした。

私には初めての経験でした。

「かなり強烈な汗が出ていたのね、そりゃにおうよね」と腑に落ちました。

時折り外での仕事もするので忙しかったのかなぁと想像しつつ、そのシャツの処分に困る日々。

臭いが嗅覚だけじゃなく見た目にも表れる。

脇に限りとてつもない臭いがする私の夫です。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén