肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。

ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが一般的に言われています。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特徴です。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、一番大きいのは乾燥の影響だと言われています。

屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは特に注意をした方が良いでしょう。

肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、とにかく保湿を何度でも行なうようにすることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

そのためにスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。

また、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。

ここ数年の間急激に、自分のしわが真剣に気になるようになりました。

中でもつくづく困り果てているのが目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。

大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。

そこで、念を入れてクリームを何度も塗ったりして、保湿にだけは手をかけるようこだわっています。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。

この模様、キメが美しい肌というのは皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法によって改善できるかもしれません。

くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、肌の上に古い角質が残っていってしまうのです。

そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、肌の保湿成分が配合された洗顔料で泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。

週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用するとくすみの改善につながります。

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。

目の下の部分などは特に細かいシワもでるしクマも居座るしで、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢と共になくなると、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。

顏限定で見ていきますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。

お肌を老化させてしまう活性酸素の働きを抑え込み、シミからお肌を守ったり、元からあるシミも消していってくれます。

これは是非とも摂らなければと思うポリフェノール。

それ自体は素晴らしいのですが、効果を発揮できる時間は3、4時間と短いのも事実です。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。

スキンケア真っ最中にふと思いついたことがあります。

肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわってあまりできないのかもしれない、ということです。

目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですがちょっと前から炭酸パックを試していて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりから以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。

保湿はもちろん、美白に有効な成分を贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、メラニンの生成を制御してくれて、透き通るような肌にしてくれるでしょう。

うかつにも日に焼けてしまった時にとても効果的で、その日すぐにきちんとケアしたら、シミ予防に効果があります。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せず肌のケアもしないで、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。

シワが発生する、その主な原因は肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、そのダメージが日々積み重なっていくことがじわじわと肌に影響を与えます。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。